コラム:五島列島の話シリーズ vol.1 五島列島ってどんなとこ?前編

こんにちは。営業企画課のよっしーです。

今回は、とってもいまさらですが五島列島の紹介をしていこうと思います!

 

 

五島の椿が本拠地としているのは、会社名にもある通り、長崎県の五島列島です。

近年テレビ等での露出があったり、

島ながら「子育て世代が住みたい田舎ランキング」で上位に食い込むなど注目が集まっています。

この島で生まれ育った私としては「突然注目が集まってきた」と驚く部分もあれば

「実はこんなに住みやすい、ちょうどいい島って他にはないよな~」とも感じています。

五島列島のことをご存じの方も、そうでない方も、もう一度改めて五島列島のことを知っていただければ…

ということで今回のコラムを企画しました! 

 

 

五島には約140もの島々があるので、

今回は列島を半分に分けたときの下部分、「下五島」こと【五島市】のご紹介をしていきます。

 

 

140の島々からなる五島列島。地図で見ると縦長なのがお分かりかと思いますが、

下半分のことを、五島では「下五島」と言っております。

 

 

 

 

五島うどんや飛魚(あご)の産地としては上五島が有名なのですが…

下五島ももちろん、魅力たっぷりです♪

 

下五島(五島市)は、五島列島の島のうち、11の有人島と52の無人島で構成されています。

 

やっぱり自然が豊かな五島!

なんといっても、ビーチは外せないポイントです。

 

 

とくに「高浜海水浴場」と「頓泊海水浴場」はおすすめです。

高浜海水浴場は「新観光百選」「日本の渚百選」「日本の道百選」「日本の水浴場88選」など、観光地としても海水浴場としても有名で、とにかく抜群のロケーション!

ビーチのそばにある展望所、魚藍観音の像のふもとから見る景色はまごうことなき絶景

ぜひ直接、見ていただきたいです。

高浜海水浴場の隣にある、「頓泊海水浴場」は、高浜海水浴場から車で10分程度で到着するのですが、

こちらは家族連れの方にお勧めです。

とっても広い砂浜で遠浅なので、小さなお子様でも安心して遊べます♪

五島の真っ白な砂浜は、貝殻やサンゴでできていますので、貝殻探しなんかも良いですね。

 

 

一方で、島の海水浴場ではない島の海岸での磯遊びもおすすめです。

五島列島は島のほとんどが「火山帯」だったので、溶岩でできた海岸が独特の景観を作っています。

砂浜では見られない生き物たちが暮らしているため、磯遊びにはうってつけです。(サンゴやイソギンチャク、ヒトデにヤドカリ。アメフラシなど)

 ※磯遊びの際はケガをしないよう、十分気をつけて下さい!

 

 

 

五島列島で最も大きな福江島の中には

「石田城跡」が残っていて、趣のある島の城跡を感じられるのですが、

この城(城跡)は現在も、お殿様が現存する、日本で唯一の個人所有のお城なんです!(五島家、といえばほとんどの人がわかる)

城壁の中には「五島高校」という高校があり、毎年高校生がお堀部分の清掃活動をしています。

観光の際はぜひお堀の中も見てみてください。

高校生たちから挨拶されますが、島の風習ですのでびっくりしないでくださいね!

夏の、蓮の花が咲く時期がおすすめです♪

 

 

 

そして、五島列島といえば、

やはり有名なのが「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」でしょうか。

各島々にはご存じの通り、隠れキリシタンの歴史が残るものも含め、約20の教会あります。

 世界遺産に認定されていない教会も、ほとんどが県の遺産に認定されている、大切な文化財です。

 

日曜日などは実際に信徒の方がミサをしていたりします。

教会は、島民にとってはとても大切な祈りの場です。訪れる際はご配慮をお願い致します。 

 

 

 

そして!!!グルメ!!!!

 なにを隠そう、五島はとにかくグルメな島。

それもそのはず。

野菜も魚も、お肉まで…旬のとれたてを味わって生きてきた島だからです!

 

お魚に関していえば、長崎県は、日本一の魚種を誇っており、その数は300種以上。

その長崎県でも有数の漁場である五島列島では、多くの新鮮な魚が食べられます。

アゴ出汁で有名なトビウオはもちろん、キビナゴなどの小さい魚から、スズキ、ブリ、カツオ、マグロのような大きな魚まで様々!

 

 

写真のお魚はカマスです。秋に爆釣したときの写真です♪

この美味しい魚と、おいしい地元の芋焼酎で、移住して20kgも太ってしまった従業員もいます()

島なのに、平野にも恵まれている五島市内では、

島で育った「五島牛」

島で育った地鶏「しまさざなみ」

島で育った豚「五島美豚」

島の太陽をたっぷり浴びて、山から流れる天然水で育った「五島野菜」は、お取り寄せでも大人気。

漁業以外にも、畜産業、農業も盛んです!

 

 

そして、これから注目され、新しい産業として注目されているのが、

椿事業です!

 

 

 

五島市内には、推定440万本ものヤブツバキが自生しており、古くからその種から取れる“椿油”で、人々の肌や髪を潤してきました。

現在では、椿の種が入った実を収穫する人達の高齢化が進み、油の生産量も年々減少傾向にあります。

しかも、年に一度しか取れない椿の種だけでは、生活を支えるのは厳しい。。。

 

 

だからこそ、我々は考えました!!

 

「年中緑色に茂っている葉を活用すれば?」

「種を取ったあとの果皮も使えば?」

「花も枝も、幹も使えるのでは?」

「花から酵母も取れる!それを活かせるのでは?」

そんな発想から、

私たちは「椿を再発見し、その全てを活かす」ことができる、商品開発を進めています。

 

 

長崎・五島列島に新たな産業を創り、多くの雇用を生み、

椿油が人の肌や髪を潤してきたように、五島列島を豊かに潤していきます!

 

そして、五島列島から、日本列島を元気にしています!

 

 

 

 

次回は後編。上五島のご紹介です。

どうぞ、お楽しみに!

 

 (よっしー)