コラム:五島列島の話シリーズ vol.2 五島列島ってどんなとこ?後編

 

みなさんこんにちは!

五島の椿㈱のおかぴーです。

 

前回の「下五島」のご紹介に続き、五島列島ってどんなとこ?シリーズの後編は、

通称「上五島」とよばれている、新上五島町です!

 

 

新上五島町(以下:上五島)は、その名の通り五島列島の北部に点在する島々で、

5つの有人島、60の無人島で構成されています。

上五島には、29ものカトリック教会が点在。

中通島においては、人口の25%がカトリック信者であり、

別名「祈りの島」とも呼ばれています。

 

島で起きたキリシタンへの過酷な弾圧の歴史のなか、

信仰を守り抜いた先祖を持つ信者さんが、今も多く住まわれています。

 

 

そして、何と言っても 

海の美しさ!

蛤浜海水浴場

遠浅の、天然白浜です!

この海の美しさですから、この海で獲れる魚も絶品です!

 

アゴ出汁で有名なトビウオ、高級魚で知られるクエなど、

200以上の魚種が獲れると有名な長崎県の漁業。

 

その中でも有数の漁場と言われているのが、

五島灘!

吉永小百合さんが、五島の椿プロジェクト発表会で、

「お頭付きのタイが200円だったんです!」と、

五島に行ったときの驚きエピソードをお話し下さっていましたが、

 

みてください! ↑↑ 実際にスーパーで売られているタイです。

 

五島のスーパーでは、タイが丸ごとパックに入っていて、

調理方法によって、お魚屋さんにさばいてもらう形式が多いです。

 

さばくのが簡単なものには「調理ごめんなさい」というシールが付いています。

 

こんな素敵な上五島への行き方についてですが、

上五島には、五島市の様に空港はありません。

 

正確に言うと、「上五島空港」という空港はありますが、

定期便の運航はなく現在利用されていません。

島唯一の空港は改修され、世界遺産に登録された 「頭ケ島天主堂」がある

白浜集落を見学する際のシャトルバス乗り換え所、資料館として、

現在活用されています。

 

 

ということで上五島へ行くには、長崎港もしくは下五島からの定期フェリーを使います。

少し時間はかかりますが、五島列島の島々に囲まれた海を臨みながらの

フェリー旅も十分楽しめます!

 

そして何と言っても上五島は、

椿の本数が五島列島でもっとも多いとされています。

 

五島列島は、日本一椿が多い島として有名で、

五島列島全体で、推定1,100万本以上と言われています。

 

内訳は、五島市が約440万本、上五島は660万本とされています。

という事は、実質日本一椿が多い島と言って良いのではないでしょうか?^^

 

ヤブツバキの花言葉は、

「控えめな素晴らしさ」
「謙虚な美徳」

 

五島は、沖縄の石垣島や、鹿児島の種子島などに比べたら、

まだまだ、知られていない島ですが、

様々な歴史と、文化、人がそこにはあります。

これからもコラムを通して、五島列島ならではの文化や暮らしの様子、

季節や自然と共に生きる五島の様々な情報をコラムで発信していきます。

 

(おかぴー)