しっとりをたっぷり。四季を問わず瑞々しい椿の「葉」から生まれた保湿水 「椿の葉 保湿水」を9月28日新発売

 

 

五島の椿プロジェクト認定パートナーの五島の椿株式会社(本社:長崎県五島市、代表取締役社長:谷川富隆)より、五島に自生する椿を活用し、椿の葉を低温蒸留して作った「椿の葉 保湿水」を2021年9月28日(火)より、発売することをお知らせいたします。

五島の椿株式会社は、五島列島に自生する椿を活用し、産業に活かすことで列島の活性化を図る「五島の椿プロジェクト」のパートナー企業として五島の椿の研究・商品開発を行い、2020年には、世界初※1の独自成分である椿の保湿成分である椿葉クチクラ※2とをはじめ、椿酵母エキス※3、99.5%五島の椿から抽出した自然由来の成分を配合したスキンケア商品「椿酵母せっけん」と「椿酵母オイル(フェイス)」を発売しました。

スキンケアの3アイテム目となる今回の新製品は、お客様のスキンケア習慣の中で最も使用頻度が高いと言われる化粧水に着目し、五島の椿を最大活用し、肌への効果が高い製品に仕上げることを目指し開発いたしました。四季を通じて青々と繁る椿の葉を乾燥粉砕し、50度で8時間じっくりと蒸留する製法で、高い保湿効果を持つ「椿の葉 保湿水」を作りました。

※1 化粧品原料として椿の葉のクチクラを世界で初めて国際表示名称であるINCI名(Camellia Japonica Leaf Wax)として2017年3月9日登録
※2 ツバキ葉ロウ(保湿)
※3 サッカロミセスセレビシアエエキス(整肌)